本文へスキップ

近代グリモワール・呪い・呪術代行

呪いとは

人や霊が物理的手段を用いず精神、霊的手段によって社会や個人に災いや不幸、不運を齎す悪意ある行為を「呪い」と言います。
日本では死んだ人や動物の霊、神霊が及ぼすもに「祟り」があります。
「呪い」は悪意そのもので悪の代表格として使われることが多いですが、人によって行われる「呪い」は、古代の時代より祈願、祈祷、願望の成就を含めた意味合いがあり「呪い」は、決して悪意に満ちたものだけでは無いと言えるのです。
日本の神社仏閣で行われる「儀式」の殆どは「呪い」の基本を成してます。祈願、祈祷から「呪い」も誕生致しました。

呪いのサイト

腹立たしい奴、憎い相手に呪いを掛けたいと思うことは誰しもあると思います。
呪いをかける方法なんてのも自分で探すこともあるかもしれません。

しかし、人に呪いをかけることを自分で行うことは、とても大きなリスクを背負うこともある危険な行為であることは忘れないようにしましょう。

どうしても晴らしたい恨みがあるとしたら、呪いは自分で行うより、呪い(のろい)のサイトを利用する方が安全と言えるでしょう。


呪術と魔術の違い

呪術と魔術は基本的な概念は変わりません。
どちらも自然現象を用いて現実社会に何らかの変化を意図的に及ぼす技法です。

呪術は主に古代より伝わる民間信仰など、シャーマンの考え方で降霊術による霊とのコンタクトによって呪いを行う、神仏の力を使って行うなど、ある種、土着的なものとも言えるでしょう。

魔術も古典的なものでは、シャーマンによる霊への交信によって呪いを行うものは、悪魔・悪霊・天使・精霊などにコンタクトするものと、近代の魔術では、宇宙意志へコンタクトすることで行うものと多分野に及びます。

呪術の霊への考え方は、世界各地で初期の文明社会から現代にまで受け継がれている思想となるでしょう。

魔術は呪術が受け継いでいる思想にプラスアルファーとして、自然科学の要素と、霊を始め神秘と宇宙を解明することで理解した論理的な思想を持っていると言えます。

しかし、魔術は、悪魔や悪霊と言った闇のエネルギーをも解明して扱う技法として、キリスト教に反するものであるが故の末路をたどり、一度は消滅へと追い込まれることになりますが、近代魔術として再生されました。


世界の呪い